子供にピアノレッスンを受けさせる|音楽教室の選び方を解説

音感を身に着ける

ピアノを弾く手

楽しく演奏できる楽器

子どもの頃の習い事として人気の高いもののひとつにピアノレッスンがあります。ピアノレッスンは、その技量を高めることはもちろん、音感を身に着けるためにも非常に大きな役割を果たしています。将来ギターやバイオリンなど別の楽器をやることになった場合も、ピアノレッスンをやっておくことで基礎的なスキルや知識が役に立つことでしょう。ピアノレッスンの方法としては、主に個人レッスンと団体でのレッスンがあります。個人レッスンは非常にオーソドックスなレッスンです。先生と生徒がマンツーマンでピアノの技術向上を目指します。音符を読む練習から始まり、習熟度に応じてさまざまな曲を練習します。慣れてくると先生が弾くピアノの音を聴き、それがどの音階にあるのかを記載したり、曲を覚えていつでも弾けるように暗譜したりと、その練習法はさまざまです。難しい曲を弾けるようになるだけではなく、そのときの流行りの曲を弾くなどいろいろな楽しみ方ができるため、ますますピアノが好きになります。また、あまり主流とはいえませんが、団体でのピアノレッスンも存在します。団体のピアノレッスンのメリットとしては、互いに切磋琢磨して技術向上を図ることができるという点が挙げられます。ただ練習するよりも、友だちやライバルと競い合うことで、自然とやる気につながります。また、同じ曲を2人で弾く「連弾」など、1人ではできなかった楽しみ方もあります。自分に合ったレッスン法を見つけることが大切です。